六君子湯

 

 


 

六君子湯の解説

 

六君子湯は、消化吸収機能を賦活して栄養状態と体力を回復させる漢方薬です。陰証、虚証、寒証、裏証、気虚、水滞に対する漢方薬で、補気などの作用が有ります。

 

食欲不振、胃もたれなどの症状を改善することから、機能性ディスペプシア、胃食道逆流症、抗ガン剤におる吐気・食欲不振などに使用されています。

 

薬理作用として、胃輩出能改善作用、グレリン分泌促進を介した食欲改善作用などが報告されています。

 

 

六君子湯の原材料

 

六君子湯は、人参、白じゅつ、ぷくりょう、甘草、陳皮、半夏、大そう、生姜の8種類の生薬から
構成されています。このうちの前の6種が主薬となります。

 

六君子湯は、気虚に対する代表的処方である四君子湯と、脾胃の湿を治す代表薬である二陳湯を合わせた漢方薬です。

 

  • 人参は、ウコギ科オタネニンジンの根を湯通ししたもので、トリテルペノイド配糖体のギンセノシドなどを含み、滋養強壮作用、抗炎症作用があります。気を補って元気にします。
  •  

  • 白しゅつはキク科オケラまたはオオバナオケラの根茎で、セスキテルペン配糖体のアトラクチロシドなどを含み、健胃作用、利尿作用などがあります。
  •  

  • 蒼じゅつは、キク科ホソバオケラまたはシナオケラの根茎を乾燥したもので、アセチレン誘導体のアトラクチロジンなどを含み、健胃作用、利尿作用、などが有ります。白じゅつ、蒼じゅつともに、水分代謝を促す利水薬です。
  •  

  • ぷくりょうは、サルノコシカケ科マツホドの菌核で、トリテルペンのパキマ酸などを含み、利尿、強心、鎮痛、鎮静作用が有ります。利水薬があります。
  •  

  • 甘草は、マメ科ウラルカンゾウ、スペインカンンゾウの根およびストロン(匍匐茎)で、グリチルリチンなどを含み、鎮痺、鎮咳、抗炎症、潰瘍修復、抗アレルギー作用などが有ります。
  •  

  • 陳皮は、ミカン科ウンシュウミカンの成熟果の果皮で、フラボノイド配糖体のヘスペリジンなどを含み、健胃、鎮胃、鎮咳、去痰作用などがあります。胃内の水を取り除き、気を巡らせ胃腸を整えます。
  •  

  • 半夏は、サトイモ科カラスビシャクの塊根を乾燥したもので、フェノール類、アルカノイド、アミノ酸、デンプンなどを含み、鎮吐、鎮咳、去痰、滋養強壮、鎮静作用があります。胃腸の水の停滞を除き、嘔気や嘔吐を緩和します
  •  

  • 生姜はショウガ科ショウガの根茎で、外皮を除き干したもので、ジンケロールなどを含み、健胃、鎮嘔、発汗作用などが有ります。胃を温め、嘔吐を抑え、食欲を促進します。

 

 

 

六君子湯の適応

 

  • 体質として、虚弱な体質で寒がりで、気虚と水滞が見られます。
  •  

  • 食欲不振、食後の胃もたれ、悪心嘔吐、膨満感を訴えます。
  •  

  • 腹壁は薄く、やや軟弱であり、心下びょう便を認め、心下振水音を認めます。
  •  

  • 下痢傾向で、手足に冷えがあります

 

 

 

六君子湯の効能・効果

 

六君子湯の効能・効果として、胃の機能を鼓舞して、胃もたれ食欲不振などの症状を改善する作用が期待されます。

 

使用目標は陰証、虚証、寒証、裏証、気虚、水滞で、胃腸機能が低下して、食欲不振、心か部の膨張感などを訴える場合であり、全身倦怠感、手足の冷えなどを伴う場合や、腹壁の緊張が弱く、心下振水音を認める場合に使用されます。

 

使用される疾患としては、機能性ディスペプシア、胃食道逆流症、がん化学療法、で惹起された食欲不振、術後の胃腸症状、高齢者の食欲不振、抑うつ状態、抗うつ薬内服に伴う食欲不振などがあります。

 

 

 

六君子湯の副作用

 

副作用は、甘草含有製剤であり、偽アルドステロン症発症に注意が必要です。

 

 

 

 

六君子湯の薬理作用

 

六君子湯の重要な薬理作用としては、胃の排出能の改善作用、胃適応性弛緩の改善作用、グレリン分泌を介した食欲改善作用があります。そのほかに、胃食道酸逆流の減少、胃粘膜血流改善作用、消化管運動正常化作用なども報告されています。

 

胃の排出能は、胃で消化した食べ物を十二指腸に送り出す作用です。胃適応性弛緩とは、胃の中に食物が入ってくると、内容物の圧刺激により、胃の上部が弛緩して、一時的に食物を蓄える作用のことです。

 

グレリンは食欲を亢進する作用を持つホルモンです。胃から分泌され、視床下部の摂食調節領域に作用します。

 

 

六君子湯はセロトニン2Bあるいは2C受容体に拮抗してグレリン分泌を改善することで胃の排出能を高めて、食欲を回復させます。

 

六君子湯は、脳腸相関においてグレシンの分泌亢進を介して、食欲を回復し、消化管を動かし、体重を増加させ、抑うつを改善に導きます。

 

 

 

処方 六君子湯

 

高齢女性の胃もたれ

 

 

漢方的所見

 

望診:やや痩せ気味、元気がない、動作はやや緩徐、顔色やや青白い

 

問診:冷え症で四股もお腹も冷える、風呂に入って温まると気持ちよい、口渇はない、汗は
あまりかかないが、寝汗をかく

 

舌診:舌質は色調淡白、膨大、歯痕あり、舌苔は白厚、舌下の静脈は軽度怒張あり<

 

脈診:やや沈、虚、滑

 

腹診:腹力やや軟、胸脇苦満なし、心下振水音あり、腹直筋の緊張無し、腹部動悸なし、小腹不仁なし、回盲部抵抗圧痛なし、臍傍圧痛なし、小腹急結なし

 

 

西洋医学的診断

 

機能性ディスペプシア

 

 

 

東洋医学的考察

 

  • 脾胃の虚証の体質の人に、ストレスがかかり、消化器症状が悪化したと捉えます。
  •  

  • 痩せ気味で身体が冷えて元気がない、風呂で温まると気持ちがいいというのは虚寒症の症状である。
  •  

  • 舌診では、膨大舌・歯痕を認めることから、水滞が示唆されます。また色調が淡泊であることは寒証を示している。舌苔の所見からは、熱証ではなく、水滞の証であると推察される。
  •  

  • 脈診では、やや沈は表裏では裏〜半表半裏証を示し、虚は虚証、滑は水滞を示唆する所見です。
  •  

  • 腹診では、腹力はやや軟であり虚証、熱証を示す所見は無く、水滞の存在を示唆します。

 

以上により、漢方診断としては六君子湯証ということになります。

 

 

経過

 

六君子湯を1日3回常用量処方したところ、2週間後には上腹部膨張感と食後の胃もたれは改善し、一か月後には食欲も出てきました。寝つきも良くなり、倦怠感も改善しました。2か月後にあった大きな町内行事も何とか無事終えることができて、気持ちも落ち着いていました。胃の調子も良い状態が続いていたので3か月後に内服終了しました。

 

六君子湯は、プロトンポンプ阻害薬で改善しない胃もたれにも有効性が認めれています。胃食道逆流症にも、治療薬として用いられています。