鍼灸

鍼灸

 

 

鍼灸の基本概念

 

 

鍼灸は、体表に現れた反応点かつ治療点である経穴を鍼や熱で刺激することによって、効果を発揮する治療法です。皮膚上にある経穴への刺激は、局所のみならず、経脈や経絡を通じて伝わり、様々な効果を発揮するとされています。

 

経絡

 

鍼灸刺激により、気と血が伝達するルートを経絡といいます。経絡は幹線である経脈と、そこから分枝する絡脈からなります。主な経脈には、体を縦に走る十二経脈と奇経八脈があります。

 

奇経八脈には、督脈、任脈を含む8つの経脈が有ります。この督脈と任脈の2脈と十二経脈を合わせた十四経脈が、現在、臨床的に用いられる標準的な経脈となっています。

 

経穴

 

経穴は体表に現れた反応点かつ治療点のことで、ツボは日本で古くから用いられてきた経穴の俗称です。経穴は正穴、奇穴、阿是穴の3つに分類されています。

 

正穴は14本の経脈上にある経穴のことで、全身で361種がWHOで定められています。また、奇穴は十四経脈上にはないが独自の効果がある経穴、阿是穴はある病態で特異的に出現する経穴のことです。

 

 

 

鍼灸の種類とメカニズム

 

 

ごう鍼   ごう鍼はごう毛のような鍼で、現在世界中で広く使われています。現在、日本で頻用される鍼も

ステンレス製で直径0.16〜0.24mm,長さ30〜75mmのごう鍼です。

 

鍼の刺入法は、鍼を直接皮下に刺入する中国式と、鍼菅という菅を用いて刺入する日本式があります。鍼を管に入れて指先でたたいて皮膚に刺入する日本独自の管鍼法は、刺入時の痛みを少なくする工夫がなされた方法です。

 

近年では、感染予防のため鍼も鍼管も使い捨てのものがよく使用されています。また侵襲が少なく持続的に刺激を与える目的で円皮鍼や皮内鍼なども使用されますが、特に最近、円皮鍼は使い捨てで、刺入深度が0.3mm〜1.5mm程度と短いものが特に使用されています。

 

小児には、針先が丸く、刺さずに皮膚に接触させたり、こすったりして刺激する小児鍼が用いられます。

 

そのほか、鍼の柄にモグサをのせて熱刺激も同時に与える灸頭鍼や、鍼に低頻度や高頻度の電気刺激を加えた鍼通電刺激療法も難治性の疼通や麻痺の治療ならびに鍼麻酔などに用いられます。

 

灸     は、手指先でモグサの適量をひねって形つくり、皮膚にのせて線香で点火し温熱刺激を与える施術法です。モグサは、ヨモギの葉裏に密生する毛茸および線毛を分離し乾燥して作られます。

 

灸の種類には、大きく分けて2つあり、皮膚に直接モグサをのせて燃やし、灸痕を残す有痕灸と、物や空気などを介在させて燃やし灸痕を残さない無痕灸が有ります。近年、温度設定が可能で火を使わない電気温灸器も開発されています。

 

 

鍼灸の理論

 

鍼灸は体表にある経穴を針や熱で刺激する治療法です。皮膚上にある経穴への刺激は、局所だけではなく、経路を通じて中枢や内臓に伝わり、全身的にさまざまな効果を発揮するといわれました。

 

経穴の存在と鍼の作用は神経を介したものであることが証明され、その後の研究により、鍼や灸による侵害受容器、機械受容器、温度受容器など皮膚や体内の受容器への刺激はC繊維、A繊維、Aβ繊維などの求心神経線維や自律神経を介して局所・脊髄・脳に伝達し、疼通抑制系、筋骨格系、自律神経系、ホルモン系、免疫系などに作用することが分かっていました。

 

 

鍼の自律神経調節作用

 

一般的に痛み刺激は、交感神経を亢進させ、副交感神経を抑制します。一方、浅い刺入による鍼刺激は、副交感神経を亢進させ、交感神経α作用を抑制します。また深い刺入による鍼刺激は、交感神経α作用を亢進させ、交感神経β作用と副交感神経を抑制することが明らかにされています。

 

四股から鍼刺激のうち、求心神経線維を伝わった刺激が神経細胞体から逆行して体性-体性反射を起こすと、鍼刺激部位ではCGRPなどのペプチドホルモンの作用によって周囲の毛細血管が拡張し、鍼周囲に紅班を生じさせます。これは皮下組織や筋層の血流を増加させる効果があります。

 

また鍼灸刺激による自律神経反射には体性ー自律神経反射があります。それには体性ー交感神経反射と副交感神経反射があり、手や足など四股の求心性線維を刺激すると、その刺激は脳など上脊随性レベルに伝達し、そこから局所の標的器官に作用します。

 

一方で、胸髄、腰髄、仙髄の脊髄分節において胸や腹など体幹部の求心性線維を刺激すると、上脊髄性レベルに伝達すると同様に、胃、心臓、膀胱など標的器官である内臓に直接伝達し作用することがわかっています。

 

例えば、前脛骨筋の膝下の足三里穴を刺激すると、刺激は脊髄に入り、対側の脊髄視床路を上行し大脳の知覚中枢に達します。

 

その際に、刺激は延髄弧束核、迷走神経背側核、吻側腹外側核にも伝わり、副交感神経が促進され胃運動が促進されます。

 

一方、腹部では臍の横にある天枢穴を刺激すると、脊髄レベルでの反射で交感神経が刺激され胃運動は抑制されます。

 

 

 

鍼の疼痛抑制メカニズム

 

鍼による疼痛抑制作用機序については、大きく分けると、上行性疼痛抑制機構、下行性疼痛抑制機構、神経伝達物質性疼痛抑制機構に分類されています。

 

鍼麻酔などの鍼鎮痛作用にはエンドルフィンが関与しています。

 

鍼麻酔は、鍼刺激により分泌されるオピノイドやカテコラミンが関与していると考えられます。

 

オキシトシンの疼痛調節作用や、アデノシンA1受容体が関与する疼痛抑制機序があります。

 

 

灸の作用メカニズム

 

モグサの燃焼温度は通常110〜130℃で、皮膚表面温は60〜80℃と低くなるのが特徴です。モグサに含まれる精油成分の香りは、鎮痛鎮静作用やリラックス効果があるとされています。

 

灸刺激により白血球数増加・好酸球減少・副腎重量の増加をもたらします。コルチゾールの分泌促進、ストレス蛋白の産出効果もあります。

 

灸による熱刺激は温受容体を刺激するとされ、特に温受容体であるTRPV1受容体は、痛みの受容体でもあることより、直接灸の鎮痛効果の作用機序の1つである。

 

 

 

適応と有害事象

 

鍼治療は歯痛、腰痛などに効果があるとされ、頂部痛、頭痛、変形性関節症、炎症性リウマチ疾患、脳卒中後遺症に効果があるとされています。

 

急性麦粒腫、脳血管障害、緊張型頭痛を予防、慢性腰痛などにも効果があり、原発性月経困難症や骨盤位妊娠に対する灸の効果もあるといわれています。

 

 

日本では、線維筋痛症の疼痛、一次性頭痛、脳卒中後の手肘関節屈曲痙縮と麻痺側の肩関節痛、末期がん患者の疼痛について、鍼が推奨されています。

 

 

 

鍼灸治療で注意すべきこと

 

鍼灸を避けないといけない場合は、妊婦、西洋医学的な緊急措置や外科的治療を優先すべき例、抗凝固薬服用例、出血傾向例、感染症例、糖尿病や悪性腫瘍などの易感染症例、不整脈や心不全例などがあります。飲酒後の施術は避けるべきです。

 

 

鍼灸治療の有害事象

 

鍼灸は、刺入時痛ならびに鍼刺激による末梢血流増加や筋肉の弛緩による眠気やだるさなどの生体反応以外に、治療中の症状悪化や失神・嘔気・嘔吐・下痢・めまいなどの自律神経反応、筋力低下、血管拡張による痒み、発汗、頭痛などの副作用がみられます。

 

鍼による事故としては、折針などによる針の皮下埋没、血管損傷による皮下出血や血腫形成、皮膚病変、穿刺手技による筋損傷、脊髄損傷、末梢神経損傷、内臓損傷、不潔操作による感染などです。また、穿刺時だけでなく穿刺後の針刺し事故にも注意が必要です。

 

灸には、熱刺激により血流が良くなるため眠気やだるさなどの反応以外に、副作用として血管拡張による痒みや発汗、血圧低下、強い倦怠感、のぼせ、発熱、嘔気など、いわゆる灸あたりといわれる自律神経症状が出る場合があります。事故としては熱傷、低温火傷があります。