安中散

安中散

 


 

特徴と効能

 

胃酸の分泌が多い人の胃痛によく用いられる機能性ディスペプシア(胃腸症)に用いられる漢方薬のひとつです。

 

機能性ディスペプシアとは、検査では特に異常が見つからないが、胃痛、胃もたれといった症状が起こるもので、従来、神経性胃炎や慢性胃炎と呼ばれてきました。

 

やせ型で比較的体力が低下した腹部の筋力がないような人の、胃痛をはじめ、胸やけ、吐き気、食欲不振などに用いられます。特に胃酸の分泌が多い人の胃の痛みなどによく使われます。

 

ストレスによる胃のあたりの不快感にも「安中散」は神経質な人に向く薬ともされ、ストレスによる胃のあたりの膨張感、不快感などにも用いられます。

 

胃下垂の人に多い、胃アトニー(胃無力症)にともなう不快症状の改善にも役立ちます。

 

成分

 

胃の痛みをおさえる“延胡索”、炎症や痛みを緩和する“甘草”、胃酸を中和する“牡蛎”、そのほか、健胃作用のある“桂皮”や“茴香”、“縮砂”、“良姜”などが配合されています。

 

  • 桂皮(ケイヒ)
  • 延胡索(エンゴサク)
  • 牡蛎(ボレイ)
  • 茴香(ウイキョウ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 縮砂(シュクシャ)
  • 良姜(リョウキョウ)

 

対象者

 

  • やせ型で比較的体力が低下した腹部の筋力がないような人
  •  

  • 適応証(体質)は、虚証(虚弱)、寒証(冷え)、湿証(水分停滞)となります。

 

 

注意点

 

 

芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。