乙字湯

乙字湯

 


 

特徴と効能

 

痔は滞ってしまった「血(けつ)」、すなわち「お血(おけつ)」が肛門にある状態と考えます。「お血」ができる原因はさまざまですが、冷えや便秘などが原因となります。

 

「血(けつ)」の流れを良くしてうっ血をとることで腫れを抑え、傷の治りも早めます。また、便の通りを良くして、排便時の痛みや圧迫をやわらげるとともに、筋肉の緊張を高めて、中の痔が出てこないようにします。

 

 

成分

 

柴胡”、“黄ごん”、“大黄”、“甘草”などは、炎症をしずめ痛みをやわらげる働きをします。“大黄”には、便通をつける作用もあります。

 

また、“当帰”には補血作用があり、“升麻”は痔核や脱肛によいといわれます。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

 

  • 柴胡(サイコ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 当帰(トウキ)
  • 升麻( ショウマ)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 甘草(カンゾウ)

 

対象者

 

  • 中くらいの体力の人であまり症状がひどくない切れ痔、いぼ痔などの痔の人

    適応証(体質)は、実〜中間証(比較的体力充実)

 

 

注意点

 

他の漢方薬と併用する場合は、大黄の重複に注意します。また、芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。

 

 

間質性肺炎と肝障害が報告されています。万一のことですが、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような場合はすぐ医師に連絡してください。