牛車腎気丸

 


 

特徴と効能

 

高齢者によく用いられる「腎虚(じんきょ)」を改善する薬「牛車腎気丸」は、「八味地黄丸(ハチミジオウガン)」に「牛膝」と「車前子」という生薬を加えたものです。

 

この薬は、体力が低下した疲れやすく、腰から下が冷えやすい方の、しびれや下肢や腰の痛み、むくみ、排尿障害などに用いられます。

 

このような状態は、漢方では「腎虚」ととらえられます。

 

高齢者の頻尿(ひんにょう)、特に夜間頻尿をはじめ、腰痛や下肢痛、糖尿病の合併症の神経障害によるしびれなどに使用される。

 

 

重だるい、うっとうしい痛み、慢性的な痛みは、筋肉や骨に栄養分が不足するとともに、「気」「血(けつ)」のめぐりが悪くなることで起こるというのが漢方の考え方です。

 

さらに、冷えや「水(すい)」の滞りも「気」「血(けつ)」を止めてしまうので、冷えると痛みが強くなります。

 

こうした痛みには、栄養分を補給するとともに、温めることで対処します。

 

とくに、尿量減少、腰痛、下肢のむくみの強いものなどに用いられるほか、足腰などの痛みやしびれの改善に作用する薬で、下半身の痛みや排尿トラブルなどがある方におすすめです。

 

 

成分

 

“地黄”には、貧血症状を改善し元気をつける作用があります。“山茱萸”や“山薬”にも滋養強壮作用があり、“地黄”の働きを高めます。“茯苓”や“沢瀉”、“牛膝”や“車前子”は、水分の循環をよくし無駄な水分をとり去ります。

 

そのほか、血液循環をよくする“牡丹皮”、体をあたため痛みをやわらげる“桂皮”や“附子”などが配合されています。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

 

  • 地黄(ジオウ)
  • 山薬(サンヤク)
  • 山茱萸(サンシュユ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 沢瀉(タクシャ)
  • 牡丹皮(ボタンピ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 附子(ブシ)
  • 牛膝(ゴシツ)
  • 車前子(シャゼンシ)

 

対象者

 

  • 下半身の痛みや排尿トラブルなどがある方
  • 適応証(体質)は、虚証(虚弱)、腎虚(泌尿生殖器・下半身の衰え)、寒証(冷え)、湿証(水分停滞)、臍下不仁(下腹部脱力)となります。

 

 

 

注意点

 

起こりえる副作用

 

  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。