四逆散

四逆散

 


 

特徴と効能

 

体力が中くらい以上の人の胆石症、胃炎、胃酸過多、過敏性腸症候群、鼻炎、気管支炎、腰痛・下肢痛などに用いられる。 精神不安や神経症にも用いられる。

 

炎症をしずめ、痛みをやわらげる働きをします。体力が中くらい以上の人で、肋骨下部から上腹部が張り、苦満感のあるときに向きます。

 

具体的には、胆のう炎や胆石症、胃炎や胃潰瘍、気管支炎などに適応します。また、神経症や不眠など、心の調子がよくないときにも用います。

 

 

成分

 

 

炎症をしずめる“柴胡”、気分を落ち着ける“枳実”、痛みをやわらげる“芍薬”、緩和作用のある“甘草”などが配合されています。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

 

  • 柴胡(サイコ)
  • 枳実(キジツ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)

 

 

対象者

 

  • 体力が中くらい以上の人で、肋骨下部から上腹部が張り、苦満感がある
  •  

  • 適応証(体質)は、実証〜中間証(体力中くらい以上)、胸脇苦満(肋骨下部の張り)を目安とします。小柴胡湯よりも少し実証向けです。

 

 

注意点

 

芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。