柴苓湯

柴苓湯

 


 

特徴と効能

 

「柴苓湯」は主に、吐き気、食欲不振、のどの渇き、尿量の減少などをともなう水様性の下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみなどに用いられます。

 

「水(すい)」の巡りをよくする「水」の循環を改善させて過剰な水分を取り除く働きをします。

 

体の免疫反応を調整し、炎症をやわらげる働きをします。また、水分循環を改善し、無駄な水分を取り除きます。体力が中くらいで、口が渇き尿量が少ないことを目安に用います。

 

 

成分

 

“柴胡”や“黄ごん”など炎症をしずめる生薬のほか、“猪苓”や“茯苓”など利尿作用のある生薬がいろいろと配合されています。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

 

  • 柴胡(サイコ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 人参(ニンジン)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 猪苓(チョレイ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
  • 沢瀉(タクシャ)
  • 桂皮(ケイヒ)

 

 

対象者

 

  • 体力が中くらいで、口が渇き尿量が少ない
  •  

  • 適応証(体質)は、半表半裏・少陽病(急性〜慢性期)、熱証(炎症)、中間証〜やや虚証(体力中くらい)、胸脇苦満(肋骨下部の張り)、湿証(水分停滞)を目安とします。

 

 

注意点

 

免疫調整作用のほか、血小板凝集能抑制作用があるとの報告がある。

 

芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。

 

 

起こりえる副作用 

  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。